• Facebook

ホーム > 釜石のひと > 下村達志さん

海ぐらし大使館「SUN RING」代表
下村達志さん
DSC_0767

「今戻らなかったら、2,3年後絶対にストレスを感じていた。」

そう話すのは海ぐらし大使館「SUN RING」代表の下村達志さん。

 

下村さんは2013年東京からUターンとして、釜石市に戻ってきました

父親は漁師だったのですが、下村さんは船酔いするため、漁師にはなることができなかったそうです。

 

近所の漁師さんに貢献したい。身近だった漁師の生活。

その漁師の方を取り巻く、漁村生活の価値を見直しました。

 

「この地域の魚たちはもちろん大事な資源だが、それだけではないと思うんだよね。

漁師の方の知恵とか、地域の方の知識とか、それがこの地域の価値であり、資源だと思う。」

 

当たり前に早起きして、漁に出て、魚を獲って、そんな日常に価値があると下村さんは考えました。

 

この生活を体験してもらいたい、また、漁師の方には仕事として海に出るという生きがいを得ることができるのでは、と感じ、

復興・復旧以上の効果を期待しながら、自ら「海ぐらし大使館」というツーリズム事業をたちあげました。

 

はじめは、漁師の方々・地域の方々に「体験」の価値を知ってもらえず苦労したそうです。

しかし、現在は、ツーリズムに参加する方と関わるうちに、理解を得られたと話します。

 

Uターンをして、本当によかった。後悔していない!!

と力強く語ってくださいました。

 

釜石のいいところは、「自然がある!なんてありきたりなこと言いたくないんだよなー。」

言葉には表せない釜石のよさが、その悩む表情からうかがえました。

「釜石は、自分自身、愛着がある場所。目の前の人との距離感が心地いい。」

 

釜石に来る人には、とにかく「楽しい!!」と感じてほしい。

「一度東北に来てください。」

下村さんが、全身で伝える、言葉では語れない釜石のよさを感じるために、ぜひ釜石へお越しください!!