» 放課後子ども教室のブログ記事

ふるさと納税による寄附をしてくださった皆様、本当にありがとうございます。
ふるさと納税申し込みのピーク期間は終了したものの、さんつなのチャレンジはスタートしたばかりです。今後ともご協力お願いいたします。
「個別のプロジェクト紹介のページから寄附申込フォームにいけませんか?」という問い合わせを頂いておりましたが、無事修正頂きました。釜石市役所の皆様ありがとうございます。
引き続きよろしくお願いいたします。
合言葉は #TEAMさんつな
先日取材頂いた、オンラインによる『さんつな忘年会@ふるさと納税キックオフミーティング』の様子がネットにアップされましたので是非ご覧ください。
※ネット環境の良いところ推奨
まだふるさと納税されていない方、是非お願いします!
1B0A9661_04_x
【NHK おばんですいわて】
【釜石市ふるさと納税ホームページ】
釜石市では、地域社会の課題解決に取り組む団体を指定して寄附ができる「釜石ふるさと寄附金」がスタートしました。
さんつなも含めて市内6団体がエントリーしてますので、ふるさと納税をご検討の方はぜひサイトをご覧ください!

 

《釜石ふるさと寄附金》

 

釜石市のふるさと納税サイトより手続きしていただく際に、団体を指定していただければ直接さんつなに寄附されます。
税金の控除も通常のふるさと納税と同様に受けられますので、寄附される皆様にも大きなメリットがあることがこれまでとの大きな違いです!

 

寄付金の使い途は
————————————————–
◎子どもや若者の居場所づくりの運営費
◎体験プログラム実施のための運営費
◎拠点運営費及び事業全般の人件費
————————————————–
これらへの活用を予定しております。

 

 

皆様ご協力よろしくお願いいたします
DSC02940yamkiichi_home
《釜石ふるさと寄附金》

DSC_2404 DSC_2324 DSC_2175 DSC_2173 DSC_2146 DSC_2474 IMG_7467 DSC_2854

だいぶ時間があいてしまいましたが、プレーパークのときのスラックライン体験の様子について書こうと思います。
今回、くりりんのもりでプレーパークをするにあたってここでどうやったらもっと楽しめるかなー!?と試行錯誤していたとき。一つのアイディアとしてここにある栗の木にスラックラインを張って渡れたらおもしろそう!と思ったのがきっかけで今回の企画に至りました。
釜石出身の日本スラックライン連盟東日本代表理事である藤井智さんを紹介していただき、今回のスラックライン体験を実現することができました。
当日は、未就学児の子から小学生、高校生、そして大人のみなさんにたくさん体験してきただきました。高校生や大人が夢中になっている姿もなかなかおもしろいものでしたw
なかでもよく放課後子ども教室に来てくれるある女の子がスラックラインに大はまり!!何回か地面に落ちて「ここぶつけたーいたいー」と言っていたのですが、それにも関わらず何度も何度も挑戦していつのまにか大技?ができるようになっていました!講師の藤井さんも「たくさんの人たちを教えてきたけどこの短時間でここまでできるなんて才能がある!」とおっしゃっていました。それを聞いた彼女はなんだか満足げ。普段見ている彼女のクールな表情とは違い、なんとも言えないいい顔をしていました。どこでなにがきっかけで子どもの才能や関心があることに出会えるかわかりません。子どもの「キラッ」とする瞬間に立ちあえたことはとても幸せなことですし、それをどうにかして伸ばしてあげられたらと思いました。
会うたびに「今度いつスラックラインやるの!?」と聞かれるのでくりりんのもりで遊ぶときはスラックラインを設置してみたいと思いますし、また藤井さんをお呼びしてできたらなと思っています!
ジョイ

IMG_7436 DSC_0021
当日は少し風が強かったものの、天気も良く、プレーパーク日和でした!
当日はくりりんのもりの近所に住んでいる子から市内に住んでいる親子などたくさんの方々が遊びにきてくれました。
好きな時間に来て、それぞれがやりたいことをゆったり、そして時にはアクティブに過ごすことができました!
IMG_2572 IMG_2573 DSC_2296 IMG_7458 IMG_7461 IMG_7423
風があったので、予定していたたき火は急遽なしとし、石村工業さんのクラフトマンC3と焼き台に炭のみにして実施。
火のあたたかさが心地よく、火の周りにはずっと人が集まっていました。
焼きたいものを持ってきてね~と案内していたので、さつまいもやじゃがいもを持ってくる子もいました!
焼きたてのさつまいも、じゃがいも、そして恒例のマシュマロ焼きは大好評!
また鵜住居町の二本松さんからいただいたりんごもダッチオーブンで焼きリンゴにしてみました!
とても美味でしたー!
火と食べ物があるだけで幸せな気分になれるから不思議!みんないい顔してたな~(・∀・)
その他、今回は久しぶりのくりりんのもり企画ということで、
スラックライン体験、釜石高校の高校生持込企画である「防災おやつづくり体験」も特別実施!このことについてはまた後日報告させていただきたいと思います!
※プレーパーク前日、釜石でもコロナの感染者が出てしまったこともあり、開催を悩みましたが、総合的に判断して予定どおり行うことにいたしました。もちろんあおぞらパーク同様、感染症対策をしっかりと行う前提です。
ジョイ
 

がんちゃん通信更新しました。

がんちゃんの現在の仕事について少々書いています。

がんちゃん通信part63(←こちらをクリック)

【2/9橋野町青ノ木地区での雪遊び企画無事終了!】

==========

IMG_2453

同じ釜石でも海の近くである鵜住居はほぼ雪がないのに

青ノ木地区に着くと一面真っ白な世界が拡がっているのを知っていますか?!

車で山のほうに30分ほど行くだけでこんなにも違うのは、大人でもあまり知らないかもしれません。

今回は雪が少ない釜石でも実は雪遊びができるんだ!というのを楽しみながら知ってほしいという想いで企画しました。

==========

集合場所の鵜住居駅に雪がなく、ちょっと不安に思った子もいたかもしれませんが、

今回の遊び場である青ノ木地区は雪景色!それを見てテンションあがった状態で子どもたちは到着しました(^▽^)

はじまりの会で自己紹介と今日の説明をしていざ雪の世界へ!!

IMG_7963 IMG_7947 IMG_8008 IMG_2490 IMG_8036 IMG_2472 IMG_7983 IMG_2498

ダイナミックにそりすべりをする子、恐る恐るすべってみる子、

食紅を水で溶かした色水で雪という白いキャンパスに絵を描く子、かき氷屋さんをする子、

人を雪に埋めてマッサージをする子など

それぞれのペースで、やりたいことをして遊んでいました。

はじめは急な坂を滑れなかった子も少しずつチャレンジし、急な坂を滑れるようになっていたり、

滑った後、坂を登れなかった子が何回も落ちながらも登れるようになっていたりと

たくさんの「できた!!」の場面があったようです(^▽^)

子ども達は遊びの中でたくさんのチャレンジをし、成長してくのだなとこの半日で感じることができました。

そんな場面に立ち会えるのはとても幸せなことです。

遊ぶ時間はたくさんとっていたつもりでしたが、

終わりの時間になっても子ども達はまだまだ遊び足りないという感じでしたΣ(・□・;)

でも帰りのバスでは眠ってしまう子もいるほど遊び疲れていたのは間違いないようです(^^♪

 

そして毎度のことながら、峠の茶屋の小笠原静子さんにはとてもお世話になりました。

お昼のあったかい豚汁、薪ストーブで温められた部屋、「よく来たね~」と言ってくださる静子さんがいるからこそ、この企画ができます。

本当に感謝です!!

IMG_2481

また今回はパトラッシュさんに「やきいも」の差し入れをしていただきました。

たくさん遊んで、冷え切った体には甘くてあったかい焼きいもは体にしみました(^▽^)

ありがとうございました!!

 

 

DSC_0161 DSC_0163 DSC_7471 IMG_0131 IMG_0140 IMG_0143 IMG_3778 IMG_3785すべりだいづくり2日目は、地域の方にもお越しいただき、子どもたちの作業のサポートをしていただきました(^o^)

完成後、子どもたちから「このすべりだい、最高じゃん!」「クラスの友達にも教えなきゃ」という声が聞かれ、すでに子どもたちにとって愛着のあるものになったと感じることができました。
また一緒に作る過程を通して、子どもたちだけでなく、地域の方々にとっても愛着の持てるすべりだいとなったのではないかなと思います。

帰る時間になっても服を土まみれにしてずっと遊び続けるこどもたち。そしてこのすべりだいをきっかけとして遊びがどんどん展開していく様子は、見ていて嬉しくなりました。
今後は子どもたちの遊ぶ様子や意見を取り入れながら、もっと
楽しい場所にしていきたいと思います!

ジョイ

DSC_7377 IMG_3677 IMG_3693 IMG_3714 IMG_3719IMG_3722 IMG_3729 DSC_7453ロープで遊びながらも、みんなで協力してなんとかすべりだいのやぐらまで完成!

真剣な顔でインパクトを使いこなす姿はかっこよかったな(^^)
明日もがんばるぞ!

ジョイ

【クラウドファンディング初挑戦❗️ 〜21日目〜】

こんにちは(^-^)ジョイです!
恵方巻き、食べましたか?
私は大学時代、回転寿司屋でアルバイトしていたこともあり、恵方巻きを見ると大量に作っていたあの頃を思い出します~|゚Д゚)))

さて、2/2は釜石市PTA連合会研究発表会にて、さんつな子どもリーダーの一人である小学5年生の菜穂華さんと活動報告をさせていただきました。
市内の小中学校の校長先生方やPTA関係者のみなさまなど約100名にも及ぶ方々の前での発表となりました。
この発表に向けて、さんつなの活動に関わろうと思ったきっかけや想い、そして北海道胆振東部地震への募金活動をしようと思ったきっかけ等について自分の言葉で話してくれました。

以下は、彼女が募金活動をしようと思った理由について
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
1つ目は、東日本大震災のとき、助けてくれた方が北海道にたくさんいる
2つ目は、人のためになることが夢
3つ目は、当時の自分と一緒で小さい子の居場所づくりが必要なはずだから
4つ目は、だれかのためになることの良さを伝えていきたい
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私はこの言葉を受けて、
・自分が大変なときに助けてくれたという経験があるからこそ、人のためになりたいという思いが芽生え、行動に移していること。
・震災当時3歳だったにも関わらず、大人たちの背中をしっかりとみていたということ。
を感じました。私は、震災後たくさんの方々に支えられながら、必死に突っ走ってきました。何度も「やる意味があるのか」と考えたこともありましたが、彼女のこの言葉を受けて、続けてきたことは間違いではなかった、そう感じます。
こういう子が生まれるきっかけをこれからもたくさん作っていきたいです。
今回は、このような場で話すことができて大変感謝しております。菜穂華さんもとても緊張していましたが、たくさんの大人に褒められ、勇気づけられ、とてもいい顔をしていました(^-^)本当によくがんばりました!!

ーーーーーーーーーーーーーーー
・期間:1/15~3/15
・目標金額:130万円
・サイト:https://ishiwari.iwate.jp/pj/IswF6237825
・プロジェクト名:子どもの可能性を拡げる「ひとつなぎの場」を創りたい!
◯現在の進捗状況 残り39日
協力金額:764,000円
協力者数:62名
達成率:58%

 

51097734_1563514037125673_3891829704113520640_o 51177112_1563513990459011_1448839206498467840_o 51243878_1563513547125722_4638618418310807552_o

2021年1月
« 12月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

最近のコメント