• Facebook

ホーム > 団体概要・スタッフ紹介

団体概要

名称 一般社団法人三陸ひとつなぎ自然学校
所在地 〒026-0411 岩手県釜石市橋野町34-46-1
設立年度 2012 年 4 月 1 日
(2013年5月28日 一般社団法人化)
役員 代表理事 伊藤聡
理事 渋谷晃太郎
理事 福成菜穂子
理事 森一欽
理事 荒井一洋
理事 柏﨑未来
監事 新張英明
URL http://santsuna.com/
電話番号 0193-55-4630
※事務所不在にしていることが多いです。大変恐縮ですが緊急の内容以外については、下記E-Mailでお問合せください
E-Mail hitotsunagi.main@gmail.com(@は半角に書き換えてください)

 スタッフ紹介

伊藤聡(さっくん)

photo02釜石生まれの釜石育ち。
東日本大震災の発生時には、宝来館で働いており、波に追われる様に逃げた裏山で九死に一生を得ました。津波の襲来を捉えた動画はこちらhttp://youtu.be/trw-wfvt7E8
その後は旅館の再建と地域の復旧活動に奔走し、活動で得られた様々なご縁や全国から訪れるボランティアの方々、何より地域の方々にお世話になりながらさんつなを設立。地元の人間として、自分たちが住むまちの未来を思い描きながら活動を続けていきます!

柏﨑未来(ジョイ)

photo03釜石市出身。
海の近くで生まれ育ち、海の恵みをいっぱい受けて大きくなりました。好きな食べ物は「めかぶ」と「ホヤ」!大好きな場所は片岸海岸!2011年3月11日の東日本大震災により、故郷が被災したため、釜石にUターンして以来、釜石を知れば知るほど、魅力いっぱいで楽しい場所だと実感する毎日です。「この魅力をたくさんの人たちに知ってもらいたい」そんな想いで過ごしています!子どもたちとぐちゃぐちゃになって遊ぶのが大好きです!

久保晨也(くぼっち)

photo04_re釜石市出身。
高校卒業後、鉄道会社に入社し東京で働いていましたが、震災以降の釜石での様々な新たな取組みに刺激を受け、2015年2月に退職。釜石に戻ってきました。右腕として1年間さんつなで活動します。
釜石の尾崎半島再生プロジェクト「尾崎100年学舎」でも活動しています。

新張英明(ばりー)

photo05釜石市出身。
学生時代は、急激に過疎化が進む農山村を訪ね歩いてき、36年間の市役所勤めでは、あれやこれやの仕事を通して「地域の元気」に関心を持ち続けてきました。地元での「日常」や「あたりまえのモノやコト」は、外からみれば「非日常」と「興味深い世界」に映ることを踏まえ、内外の支援のもと埋もれてきた地域の宝を「ともに見つけ」「ともに磨き」「ともに生かす」ことで、地域の持続性を高められればと思っています。

岩城一哉(がんちゃん)

index埼玉県出身。
2015年3月まで埼玉県の学童保育で働いていました。しかし、東北の現状を自分の目でしっかりと見たいと考え、仕事を退職し、半年間のインターン生としてさんつなにやって来ました。その中で釜石の「ひと」や「自然」に魅了され、インターン終了後にさんつなで働くことを決心しました。これからも子ども達と共に釜石の魅力を感じる日々を過ごしていきます。釜石の現状を「伝える」こと、釜石内外の若者と釜石を「盛り上げる」ことを目標に頑張っていきます!