• Facebook

ホーム > ミッションとビジョン

photo01

「三陸ひとつなぎ自然学校」は、
震災後のボランティアコーディネートが活動の始まりです。
震災から3年以上が経ち、ふり返ってみると
ボランティアさんと関わった地域にうれしい変化が生まれていました。
地域のお母さんや起業や、漁師さんの新たなチャレンジなど、
釜石にはなにかに挑戦したい人がたくさんいます。
「三陸ひとつなぎ自然学校」は、
こうした釜石のチャレンジをもっとたくさん生んでいきたい、
次の世代につなげていきたい、そう思っています。
また、それぞれの小さなチャレンジの足し算や掛け算によって、
新しい地域の魅力が生み出されるのではないかと期待しています。

一般社団法人 三陸ひとつなぎ自然学校

 ミッションとビジョン

三陸ひとつなぎ自然学校が目指すあるべき社会の姿や、果たすべき使命をご紹介します。

ミッション

●地域のために立ち上がった人が、自らの思いを実現する、又は始めた活動を継続することを支援します。
●釜石を、釜石内の人々にとっては『自慢できる地域』釜石外の人々にとっては『第二のフルサト』にします。

ビジョン

『地域のために立ち上がり、挑戦する人が多いまち、釜石』

釜石に住む多くの人々が、釜石の地域資源をフル活用し、これまでの歴史、文化を大切にしながら、
新しいものも取り入れ、魅力的な価値を生み出している。
それによって、釜石全体が中から見ても、外から見ても魅力的なまちになる。
そして、生み出した活動をその場、その人だけで終わらせることなく、次の世代に伝わっている状態が、私たちのビジョンです。
また将来的には、三陸の別の地域にもこうした理想の状態が波及している状態を目指します。

具体的には、以下の取組みを行っています。

釜石のひと・暮らしなど、地域資源にスポットを当てた体験プログラム、イベントの実施。研修等のコーディネート。
体験プログラムなど詳細はこちら

釜石を内外から支えるコミュニティの運営
コミュニティ活動の詳細はこちら

地域と若者をつなぐインターンシップコーディネート(KamaPro)
KamaProのWEBサイトはこちら

放課後子ども教室の運営(鵜住居、栗林地域)
放課後子ども教室の活動報告はこちら