• Facebook

ホーム > 釜石のひと > 前川良子さん

民宿前川
前川良子さん
前川さん

「生きている以上仕事をする!」

「あの時、あーすればよかった、とかいう生き方はしたくない。」

そう語ってくださったのは、民宿前川の前川良子さん。

 

前川さんは民宿をしながら、朝は漁師のお手伝いをしています。

民宿に来る人はみんなこどもたちのよう。

来てくれる方も、「お母さん、行ってきます」と言い、民宿を出発するそうです。

 

お掃除、洗濯、ご飯の支度。これらは自分にできること。

できることを、ただ、懸命にやっているだけだ、と前川さんは話します。

 

前川さんは、震災で娘さんを亡くしました。

はじめ1年は民宿をやろうとは思わなかったそうです。

 

そこで励ましの声をくれたのは同級生。

旦那さんもその同級生のひとりです。

 

「民宿頑張れ!」

 

前川さんは、また、民宿をやってみようと考えます。

生きている限り、闘わなければならない。

 

何か資格を得ようと、震災後1年経った、5月。

介護福祉士2級を取得します。

このときの生活は、朝は漁の手伝い、昼は勉強。

明らかに大変だったろうと感じました。

しかし、前川さんは楽しかった!

そう話します。

 

「みんなで机を並べて勉強することは、何十年ぶり。

自分は高齢の方だったが、世代は関係なく、みんなで囲んでお昼ご飯を食べて、とにかく勉強がたのしかった。」

前川さんは、ここで、若い人には負けない自分にできることがある、ということを知った、と言います。

 

民宿で自分がしていることは、自分ができること、自分にしかできないこと。

「懸命に生きる」

人生を自らの人生で語る前川良子さん。

「釜石に帰ってきたい。」

釜石を故郷だと思わせてくれる。

大切にしたい釜石のお母さんです。