» 放課後子ども教室のブログ記事

8月22日〜8月27日の期間、さんつなのインターンとして岩手県立大学の小棚木彩香さんが釜石に来てくれました。

ニックネームは”なぎ”

秋田県横手市の出身です。

自然と地域づくりに興味があるということで、さんつなをインターン先として選んでくれたそうです。

6日間の活動の様子をまとめましたので、ぜひご覧ください。

====================

8月22日 インターン1日目《子ども教室》

====================

 

IMG_0514

 

今回の企画で1番印象に残ったことを教えてください。”

仮設住宅の子供たちが放課後になかなか思いっきり遊べる場所がないということを伺っていました。実際に子供たちと遊んでみて、仮設住宅の室内は音が響きやすく、外も仮設住宅がたくさん建っていてなかなかのびのびと遊べないということを感じました。そんな中でも、とても楽しそうに遊んでいる子供たちの笑顔が一番印象に残っています。

IMG_0513

 

 

 

 

 

今回の企画でどのような発見がありましたか?”

今回子供たちと遊んでみて、このように子供たちがのびのび遊べる時間があることで、子供たちも生き生きと遊ぶことができ、さらに私たちも子供たちから元気を分けてもらえました。子供たちが楽しそうだと、周囲の大人たちも自然に笑顔になれるということを発見し、子供の持つ力というものは大きいなと実感しました。

IMG_0522《プロフィール》

氏名

小棚木彩香(なぎ)

さんつなに来た理由

地域興しや地域づくりに興味があり、自分の地元を活性化させたいという思いがあります。そのため、釜石で地域を活性化させようと取り組んでいる三陸ひとつなぎ自然学校でのインターンを通して、地域活性化の考え方や手法を学ぶことができればよいと思います。また、自然が好きなため、釜石の自然の中で活動したいという思いがあり参加しました。

活動への意気込み

海と山がある自然豊かな釜石で、釜石の魅力をたくさん発見したいです。短い間ですが、釜石の良さをたくさん吸収して持って帰れるよう精一杯頑張ります。

かまっこまつり開催!

| 放課後子ども教室 |

1月12日、鵜住居町D仮設団地談話室にて実施した「かまっこまつり」が無事に終了しました。

子どもスタッフに名乗りをあげてくれた子達を中心に1月7日からまつり前日まで企画、準備、練習をし、本番に臨みました。

どのぐらい来てくれるかドキドキしましたが、約60人ほどの子ども、親子が遊びに来てくださり、談話室が満員になるほど。

子どもスタッフも大人スタッフも張り切っておまつりを盛り上げてくれました!

まつりの内容については河北新報さんの記事をご覧下さい!

http://www.kahoku.co.jp/tohokune…/201501/20150113_33017.html

 

今回のかまっこまつりで印象的だったことは、2つ。

1つは、子どもたちのいつもと違う一面を見ることができたことです。

企画をするのが好きなイベンターさん、

ひたすら好きなことをやる子、

自分の意見をしっかり言う子、

リーダーシップをとってしきる子・・・

この子ってこういう子なんだなぁ、こういう顔するんだなぁと子どもたちの新たな一面を見ることができました。

こういう子どもたちのいいところを伸ばす環境がたくさんあるといいなぁと子どもたちのいきいきとした顔を見てそう思いました。

 

2つ目は、釜石内にいる大人のみなさんがボランティアとしてサポートしてくれたことです。

震災後はこのようなイベントに釜石外からの大学生などの力を借りて行ってきましたが、

今回はボランティアさんの力を借りるのが困難な時期。

そんななか釜石内にいる方々が当日にお手伝いにきてくださいました。

こうやって少しずつ地域内でできることを増やしていくことが地域づくりにつながるのではないかと感じました。

 

子どもたちのほうから「次いつやるの?!」との声があがったので、

次年度もかまっこまつりを続けていきたいと思います!次はあったかい時期がいいですね♫

(柏﨑)

10393774_816576551725548_8039349545929148057_n 10915239_816576558392214_7862650170446641478_n 10930891_816576548392215_156213859417165245_n 10931351_816576595058877_546944820433874172_n 10542976_816576565058880_566954252355356103_n10603551_816576545058882_9126260174960397483_n10801712_816576608392209_3565349604381007130_n10933728_816577048392165_956126971360389043_n

 

当団体が放課後子ども教室を実施しているなかで感じてきた様々な課題を受け、

改めて、地域の子どもの居場所について考える必要があるのではないか…

という想いから11月24日に子ども居場所フォーラムを開催しました。

IMG_8147-thumb-300x200-1413-thumb-300x200-1425

IMG_8193-thumb-300x200-1417

当日のフォーラム会場の半分は、11月8,9日に子どもたちと実施したかまっこ祭を再現したブースを作り、

来てくださった方々のお子様も遊べるようにセット。

子ども達がキャッキャと遊ぶ、和やかな雰囲気のなかで、フォーラムを行ないました。

フォーラムは以下の内容で実施

  • 活動の事例紹介(私たちが地域の方々と子どもの環境について考えなおすために実施してきた活動など)
  • 吉成氏の基調講演(NPO法人岩手子ども環境研究所 理事長(森と風のがっこう コーチョー)
  • 教育委員会、主任児童委員、当団体職員によるトークセッション

実施側の私たちにとってもこれらの活動が初めてのことではありましたが、

現状を把握し、そこで自分たちになにができるのかを考え、活動を展開することを地道にしていくことで、

たくさんの方々が協力をしてくださいました。

課題はそのままにしておけば、そのままですが、一歩踏み出すと周りも動き出す・・・

そう感じることができました。


IMG_8209-thumb-300x200-1428

また基調講演で話題に出た「根拠なき自信」

「根拠がある自信」は勉強やスポーツをがんばることで培われるが、

それらで負けたとき、挫折したときに自分を支えることができるのが「根拠なき自信」であると吉成氏。

「根拠なき自信は、子どもたちが生まれて育った地域の住人であるおじいちゃん、おばあちゃんたち、おじさん、おばさんたちから怒られたり、ほめられたり、あいさつをしたりされたりする中で自然と育まれたものなのだから。」
(2013年12月8日岩手日報掲載 「根拠なき自信」を育む 吉成氏より)

私自身も小さい頃、親だけでなく、ばあちゃん、おじ、おば、近所のおばあちゃん方に気にかけられながら、大きくなりました

あの心地よい感覚をまた感じられる故郷で生きたい、これが私自身が釜石に戻り、

またこの町に住みたいと感じた理由の一つでもあります。

帰ってきてほっとできる場所。

そんな場所を今の子どもたちにもつくることが必要であり、

そういう地域で育つことが地域を愛する原点になるのだと感じました。

 

今回の一連の流れを通して、そういった環境を地域の方々と一緒に作っていきたいと強く思いましたし、

今後の地域づくりへのヒントも見えてきたように思います。

最後に子どもたちと一緒に実施した「地域かまっこ祭」のMOVIEを作成しましたので、ご覧ください。

 

(柏﨑)

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

最近のコメント