» かまとらのブログ記事

さんつな的GW企画

| かまとら, イベント |

ーーーーーーーーーーーーーーー
★さんつな的GW企画
今年のGWは、スタッフのスキルアップ研修やフィールドワーク、やりきれなかったボランティア活動を行います。たまたま予定が空いていたら気軽に遊びにきてください!
ーーーーーーーーーーーーーーー

■5/4(木)
【GWボラツー】台風10号復旧ボランティア&マニアックBBQ交流会!
https://goo.gl/pPE9DX

■5/5(金)
【GWボラツー】チョロギ農業体験→峠の茶屋でカレーランチ
https://goo.gl/wOd2L7

■5/6(土)
【GWボラツー】根浜コミもり整備 & 野外コンテンツ研修
https://goo.gl/rVV8Kq

■5/7(日)
【GWエコツアー】釜石の魅力を体感&発掘!箱崎半島トレッキング
https://goo.gl/vBZJXs

ーーーーーーーーーーーーーーー

★ボラツー = ボランティアツーリズムの略
地域ならではのボランティアや人との交流を通して、地域の魅力を感じます!

 

[主催、お問い合わせ先]
(一社)三陸ひとつなぎ自然学校
http://santsuna.com/

今さらですがGWの思い出たち。笑
 
連休中も様々な方々を受入れさせていただきました。
 
5/2は横浜からいらした年配のご夫婦をアテンドしつつ、橋野のお母さん宅でねまったり、石割桜を見に行ったり、一緒に橋野の風土を満喫してました。
ここしばらくは、20〜40代くらいの比較的若手の受け入れが多く、お母さん方との交流を通して、釜石のおばあちゃんと慕ってくれて、第二のフルサトと感じてくれることが多いのですが、今回のお客さまはどちらかと言えば同世代。
どう転んでも、釜石のおばあちゃんと感じてくれることはないので、ちょっとだけ心配してましたが・・・・・全く問題はなかったですね。
 
畑で取れた野菜、裏山や庭先で取れる野草や山菜を使ったお食事。ご近所さんを招き入れる様に、自然にもてなしてくれる感覚は、昔ながらの日本の暮らしを思い出して、非常に満足してくださいました。
 
そして思いっきり宣伝ですが(笑)、釜石の観光協会のwebサイトが新しくなって、ならではの体験プログラムを紹介するページができました。さんつなのプログラムも載っていて、今回はこのサイトを見てくださってから申込いただきました。
ーーーーーーーーーーーーーーー
【かまなび – kamaishi local tour -】
http://kamaishi-kankou.sakura.ne.jp/local-tour/
ーーーーーーーーーーーーーーー
翌日は生産者が減ってしまったチョロギの里を存続させるべく畑を耕してみたり、お昼は相変わらずクオリティが高い「峠のカレー」を食べたり、橋野の古民家では体験プログラムの受け入れをしたり、更にGWの締めは高校生たちと一緒に熊本支援の募金活動をしたりと、仕事をしてるんだか遊んでるんだか分からない日々を過ごしておりました!!
それから、わざわざ北海道から遊びにきてくれた、びわ&なぎ&きぬの3人!!無事に北海道に帰りましたメッセージをもらってたのに全く返してなかった。笑
貴重な休みなのに、わざわざ釜石まで来てくれてありがとね!!
今後は札幌で会いましょう!!!
(いとう)
IMG_2983 IMG_2988 IMG_2989 IMG_2991 IMG_2992 IMG_2993 IMG_3003
 IMG_3035 IMG_3046
IMG_3055
IMG_3071
IMG_3052

5月3日~5日にかけて、『かまとら~TRY!KAMAISHI~2016年ゴールデンウィーク特別企画~』が開催されました。

体験プログラムとして、『馬とのふれあい体験~橋野で馬と心を通わせませんか~』が行われ、馬との触れ合いをたくさんの方々が楽しみました。さんつなボランティアも体験し、今回はりょうまがレポートを書いてくれました。

うま11

 

 

 

 

 

”今回の企画で1番印象に残ったことや発見を教えてください。”

馬を見るのは、動物園等でしか見ることがありませんでしたが、こちらの地域では荷物の運搬や馬のために豆を煮たりとより身近な動物であることを知りました。その中で今回、馬引きやブラッシング等の体験を通して馬の体が暖かいことや紙の質感等、馬に触れないとわからないことを知ることが出来、貴重な体験をすることができました。

また、馬が人の言ったことを理解し行動していることを強く感じました。馬引きの際、自分がしっかりと前を歩き、誘導してあげなければ馬が自分の行きたい方へ行ってしまうことを体験し、自分がお手本となるよう行動しなければならないことが子どもとの関わりと少し似ていると感じました。

今回少しの時間ではありましたが、とても大きな経験をすることができ、また機会があれば体験したいです。

うまうあm

 

 

 

 

 

うま1

 

 

 

 

 

index

 

 

 

 

 

さか プロフィール

・氏名 坂本 裕貴

・ニックネーム りょうま

・さんつなに来た理由

熊本への募金活動やフリーマーケットの活動を行うためにさんつなに来ました。

 

 

 

 

5月3日~5日にかけて、『かまとら~TRY!KAMAISHI~2016年ゴールデンウィーク特別企画~』が開催されました。

体験プログラムとして【鉄の故郷で鍛冶屋体験】世界に1つだけのナイフづくりを行いました。さんつなメンバーもナイフ作りに励みました。今回はボランティアのジャムが体験レポートを書いてくれました。

index

 

 

 

 

 

”今回の企画で1番印象に残ったことや発見を教えてください。”

市販の五寸釘を窯の中の炎で熱して溶かし、トンカチを使い叩くという作業を何度も繰り返し、この世でたった1つ のオリジナルのナイフをつくるというのは普段の生活では絶対に経験出来ないことだと思いましたし、自分でつくったということで、たとえ不格好な出来になっ たとしても愛着が沸くものだと思いました。地元での生活に戻った時にも、機会があればぜひ使ってみたいと思いました。

 

index

 

 

 

 

 

13177706_810002189143532_4714863441099885971_n

 

 

 

 

 

13152651_10209410358605395_1465984441_n

プロフィール

・氏名 土井洋佑

・ニックネーム ジャム

 

・さんつなにきた理由

元々被災地ボラに興味があり、学生時代には宮城県石巻市での復興ボランティアへも参加しましたが、年明け頃から、自分の身の振り方に疑問を抱き、一度自身をリセットしようと思い、被災地ボランティアへ参加しようと思いネットで探したところ、さんつなを見つけ、自分に合っていると思い参加させて頂きました。

5月3日~5日にかけて、『かまとら~TRY!KAMAISHI~2016年ゴールデンウィーク特別企画~』が開催されました。

体験プログラムとして、5月4日に『photorip @Hashino』が行われました。かまとら人気企画の第3弾です!このプログラムにはさんつなスタッフのがんちゃんが参加しましたので、感想を書きました。

13235956_1049475201769014_2031124870_n

 

 

 

 

”今回の企画で1番印象に残ったことを教えてください。”

今回は当日に飛び込みで参加させていただきました。

昨年の夏から「フォトリップ」のイベントに参加したい!と話していました。短時間ではありましたが、参加することができ、とても嬉しかったというのがまず1番です。

写真1枚1枚にhanaさんがコメントを残していただく姿が、写真をアルバムに残すのが好きな私にとってとても印象的な場面で、今後は最初からきちんと参加してカメラの上手な撮り方を学びたいと感じました。

IMG_0264

”今回の企画でどのような発見がありましたか?”

参 加者の皆さんが「どの角度からならきれいに撮れるだろう?」と試行錯誤している姿を見て、写真の撮り方を学びました。これまで私は写真を撮るうえで意識し たことがなかったので、これから写真を撮る時には様々な視点で撮影しようと思います。皆さんの写真がとても美しい作品だったので、私自身もこんな写真を撮 りたい!と感じたので今日から意識して写真撮影を行いたいです。

しゃ

 

 

 

 

 

 

index-300x225プロフィール

・氏名 岩城一哉

・ニックネーム がんちゃん

・さんつなに来た理由

2015年3月まで学童保育で働いていました。東北の子どもたちや支援者の状況を聞いてばかりで自分自身で知ろうとしていなかったことに気づき、インターネットでさんつなの存在を知り、「勢い」で釜石にやってきました。

・挨拶

釜石にきて1年がたちました。インターン生として半年間の滞在予定でしたが、インターン終了後さんつなのスタッフになりました。1年前には予想もしていない出来事に自分自身びっくりです。そんな状況になったのも釜石の人の温かさや美しい自然に心奪われたからこそです。これからもこの釜石で、さんつなで頑張っていきます!

 

5月3日~5日にかけて、『かまとら~TRY!KAMAISHI~2016年ゴールデンウィーク特別企画~』が開催されました。

体験プログラムとして「【巻貝のような植物!?】チョロギ農業体験→峠の茶屋でカレーランチ」が行われ、ボランティアのやのちゃんが参加しました!体験の感想を聞きましたのでご覧ください。

13153394_10209461688848619_1030567093_n

 

[企画で一番印象に残ったこと]

とにかく、チョロギがどのようになっているかが驚きでした。ほとんどチョロギのことを知らずに参加したので…根菜で、根っこの部分があの形にふくらんでいくとは…!実際に畑で見せていただいて、そのぷっくり加減にかわいらしさを感じました。

 

13180912_10209461688968622_1520025593_n

 

 

 

 

 

 

 

 

 

[今回の企画での発見]

今回はチョロギを定植する前の畑の畝づくりとマルチはりをさせていただいたのですが、5畝つくっただけで息があがり、腰痛や体力の消耗を感じました。これ を普段は静子さんだけでされているのかと思うと、本当に大変だなと改めて実感するとともに、地域の特産である仙人長老喜を途絶えないよう次世代につなげて ほしいなと思いました。 そして、畑作業を終えたあとの静子さん作・峠のカレーは…絶品すぎます!皆さんも、ぜひ。 また一つ、釜石の魅力を感じた企画でした。

 

 

13162078_10209461688888620_1069256694_n

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 index プロフィール              

矢野 唯さん(やのちゃん)

 [さんつなに来た理由]

震災後、5年が経った東北が今どのようになっているのか知りたいと思っており、時間ができたタイミングでボランティアにいこうと決めました。

[釜石滞在中一番印象に残ったこと]                         

とにかく人が優しいです!地元産業や伝統など多くの魅力がある釜石ですが、一番はやっぱり人のあたたかさ。釜石ファンが増える理由が分かります。

大成功で幕を閉じたMeetup Kamaishi。

開催期間中、さんつなインターン生&ボランティアさんが各プログラムに潜入取材しました。

20160328144310

 

 

 

 

 

 

《参加者のみなさんの声》

「浜千鳥のお酒は飲みやすい!前より日本酒が好きになった!」

「日本酒がどうやって作られているかを知ったことで、一層おいしく感じた」

20160328144321

 

 

 

 

 

 

日本酒を作るときに使用するまろやかな水も飲むことができました。手間暇をかけて作った浜千鳥を楽しむ貴重な体験に参加できて良かったです。

20160328144511

 

 

 

 

 

鉄人

奥村康太朗さん ((株)浜千鳥社氏)

行程

3月19日(土) 15:00~16:30

15:00~ 社氏について、蔵についてお話。テレビの紹介映像を視聴。
15:30~ 浜千鳥の蔵見学&試飲
16:30 解散

会場

(株)浜千鳥

さんつなインターン生 12899398_607703819377395_1065176290_o

氏名:赤羽巧也

ニックネーム:バックス

さんつなに来た理由 :かまとらという企画に興味を持ち、鉄人の方と交流してみたいと思ったから

印象に残っていること: 釜石の人はみんな優しいということ

既に怒濤の3日間が過去の出来事となってしまいましたが、
年度末での大イベントというのもあって、
バタバタと後処理に追われる日々を過ごしていました。

3/19-21の3日間に渡って行われた「釜石のこれまでと、これから。」は、
いろんな壁を超えて協力し合ったことで、
市内外から多くの参加者をお迎えする一大イベントとなりました。

細かい反省点は多々あるものの、
釜石が5年かけてコツコツと積み上げてきたものを大きくアピールする場に出来たと実感しています!
お飾りの副実行委員長でしたが、関係する皆さんには本当に感謝感謝です!

12376794_979720065440132_626892342203701424_n

さてさて、さんつなは主に「Meetup Kamaishi」と題した体験プログラムのコーディネートを担当しておりました。
足元の資源を活かして活動する魅力的な人=鉄人(釜石は鉄のまちなので鉄人)を通して地域の魅力を感じる体験プログラム集「かまとら」の実績を買われて任せていただきましたが、
20ものプログラムを取り揃えることが出来たのは、
各コーディネータ—の皆さんや受け入れ団体・企業の皆さんの協力があってのことです。

【Meetup Kamaishi公式サイト】
http://kamaishi-korekore.hateblo.jp/entry/2016/03/06/150000

それにしても、3日間で20の体験プログラムとは、本当に無謀なことをやってしまったなと、つくづく感じています。
完成した冊子を見て「こんなに人が来る訳ないだろ・・・!」と心から後悔したのは内緒です。笑
後で言い訳出来るから「釜石高校の試合が重なってしまえばいいのに・・・!!」とか思ったのも絶対に内緒です。笑笑

蓋を開けてみたら、全プログラム共に定員に近い参加者を得て、
参加者の皆さまからも、とても良い感想をいただきました。
体験プログラムで延べ263名、初日の交流会には160名程の参加者があったので、
その他もろもろ含めたら3日間で延べ500名を超える方々が市内を巡っていたことになります。

自分も一部の方としか会話が出来ていませんが、
震災後に数回ボランティアに来た方は「直接DMが届いてとても嬉しかった。釜石に来るのは2011年以来だけど目指す将来像を知れてよかった。」とか、
「首都圏で行われたイベントに参加した縁で釜石まで来ちゃいました。」とか、
正にオープンシティ釜石が提唱する「つながり人口」戦略の成果だと思います。

【Meetup Kamaishi体験レポート更新中!】
http://kamaishi-korekore.hateblo.jp/archive/category/%E4%BD%93%E9%A8%93%E3%83%AC%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%88

いずれ2019年にはラグビーWCを目的として、多くの方々が釜石を訪れることになるので、
少しずつ実績を蓄えつつ、釜石ファンを増やしつつ、釜石らしいおもてなしが出来る環境を創り上げていきたいですね。
その為の第一歩としては素晴らしい歩み出しが出来た3日間でした!

最後に、一ヶ月間頑張ったインターン生が作ってくれたムービーを紹介します。
ほなけん、さら、ばっくす、ありがとう!!

(いとう)

8/5(水)根浜海岸と宝来館を会場に、『根浜で朝活!第一弾・松林から望む朝日を浴びてストレッチ!』が開催されました。

今回は、さんつなにボランティアとして来ているゲンティこと玄武(げんむ)くんに感想を聞いてみました。

IMG_5222

 

 

 

 

IMG_5237”今回の企画で1番印象に残ったことを教えてください。”

気持ち良く素敵な時間を過ごせたことです。鉄人の佐久間さんの指導によるストレッチを松林の中で海を見ながら行ったため、終わったら心も体もスッキリ。その後、宝来館でその景色を見ながらおいしくオシャレな朝食と楽しくアットホームなトーク。朝起きてすぐのちょっとした時間ですが、今日という日が楽しくなる時間となりました。

 

IMG_5232”今回の企画でどのような発見がありましたか?”

みんなで何かをし、楽しむことの良さを改めて感じました。体に良いとはいえ、一人で黙々とストレッチをやるのは好きではないのですが、みんなとやることで飽きずに楽しめました。また、朝食もおいしいと感じたことをシェアできるので、より満足できるものになりました。「百聞は一見に如かず」一度根浜に足を運んでみることをオススメします。

 

 

 

IMG_5320

氏名:ゲンティ

学校名、学年:明星大学 経営学部3年

さんつなに来た理由:自分の地元・東京都日野市の街をより楽しく面白い街にするヒントがあると思ったから。

活動への意気込み:短い期間しかいられませんが、いっぱいインプットして、自分の地元や今後の日々の中でいっぱいアウトプットしていきます!釜石を、さんつなを楽しむぞ!!

 

 

 

7/20(月)に20〜30代独身女性限定企画フォトリップ『お気に入りのカメラとパワースポット巡り』が開催されました。
途中、雨が降り、御神楽杉には行くことができなかったのですが、重子さんの家でhanaさんからカメラのスキルや重子さんからかまだんごの作り方を学ぶなど、アットホームな雰囲気で終わることができました。この企画後もみんなで集まりたいね~と参加者同士で仲良くなったのもうれしかったです。

 

IMG_4883

 

 

 

 

 

 

さて、今回は参加者のひとりである生利さんに感想を聞いてみました。

 

 

11830906_910344509015418_98330863_n”今回の企画で1番印象に残ったことを教えてください。”

おもてなしをしてくださった かま団子づくりの名人しげこさんと BBQ会場を提供してくださったご夫婦のお人柄。 自然を大切に、寄り添って生活されているお姿に非常に癒されました。 また会いにいきたいな。と感じました。

 

11854015_910344515682084_1002185742_n”今回の企画でどのような発見がありましたか?”

写真を撮る面白さを再発見。 あっこの人のこの表情、素敵!とか、小さな花でもとてもいとおしくなったり。 撮っているうちに心が豊かになっていくのを感じました。素晴らしい企画をありがとうございました。

 

 

 

 

11805681_910344499015419_1711984706_nプロフィール

生利さん※写真左

参加した理由
鉄人のhanaさんから写真を学びたかったからです!

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

最近のコメント