» 2022 » 5月のブログ記事

釜石高校SSH探求学習のフィールドワークの受け入れをさせていただきました。
 
防災や教育に興味のある1年生20名に向けて、さんつなのこれまでのことや、取り組んでいる社会課題について、今年新たにチャレンジすることなどをお話ししました!
後半は特定の課題に対して意見を出し合うワークもやらせてもらって、「体験格差」「震災ゼロ世代への防災教育」などのお題から好きなものを選んで議論を深める時間もとりました。
短い時間でもしっかり意見を出し合えてるところが素晴らしいと感じつつ、今年の1年生にも子どもの頃から見知った顔がチラホラいて嬉しい限りです(><)
 
 
 
———-
▶子どもたちのサードプレイス継続のためにご協力を!◀
★さんつなオンラインショップ
★ご寄付でのご協力
 
 
今年度も三陸鉄道の震災学習列車のガイドやってます!
岩手の復興の象徴である三陸鉄道でお仕事ができる喜びと、自信の経験をダイレクトに活かせるお仕事ですので、やりがいと使命感を持ってやらせてもらっています!
 
この日は、往復で2本ガイドさせていただきました。鵜住居〜宮古間は岩手にやってきた北海道の高校生に震災学習を。
復路の宮古〜鵜住居間は花巻の高校生を案内させていただきましたが、震災経験のある生徒さんがいるとのことで震災関係は全てNGとのこと。沿線の観光や三鉄のお話でなんとかやらせていただきましたが、やはり釜石以外の知識不足は否めないのでもうちょっと広く行動する1年にするという今更ながらの目標をたててみましたww
 
ということで、ガイドの指名はできないかもしれませんが、三鉄さんにたくさんお仕事が入ると、伊藤にもガイドの仕事が回ってきますので、ぜひぜひ三鉄の震災学習列車をご利用くださいませ😊
 
 
#三陸鉄道 #震災学習列車 #教育旅行 #防災 #震災ガイド #語り部 #さんつな
———-
▶子どもたちのサードプレイス継続のためにご協力を!◀
★さんつなオンラインショップ
★ご寄付でのご協力
 

【さんつなグッズ購入によるご支援、ご協力のお願い】

震災直後の2011年3月よりお借りしていた橋野ボランティアセンターをお返しするにあたり、二層式洗濯機をはじめとして当時は大活躍をした物品等々を処分するための資金についてご支援をお願いいたします(><)

ーーーーーーーーーーーーーーー
★さんつなオンラインショップ
https://santsuna.stores.jp/

——————————

★ご寄付のお願い
https://bit.ly/3OZPmac
ーーーーーーーーーーーーーーー

東日本大震災の発生直後の2011年3月よりボランティアセンターとしてお借りしていた「橋野へき地保育所」ですが、次の借り手が決まったことを受けて、地元の町内会へお返しすることになりました。

お返しするにあたって物品の整理を行なっておりますが、保管出来ないもののほとんどは地元の関係団体へお譲りをして今後も活用いただくことにしております。
ただ、震災直後に大活躍した二層式洗濯機をはじめとして多くのものは有料で処分する必要があります。

その資金確保のために、さんつなオリジナルグッズの購入、もしくは寄付によるご協力をお願いいたします(><)

 

当初は全国から訪れるボランティアさんの滞在拠点として、支援活動が落ち着いた後は子どもたちが多様な自然や文化を感じる体験活動の拠点として11年間活用してきました。

大震災は絶対に繰り返してはいけない悲しい出来事が多かったですが、代わりに一生ものの出会いをたくさんいただくことが出来ました!!

それらのご縁に感謝しながら、今後も子どもの育ちをテーマに「さんつな」は活動を続けていきます!

ただ、、、基本的に自己資金のほとんどは子どもたちの活動に投じていることと、コロナ禍以降の大幅な収益減もあって、お恥ずかしながらこの様なお願いとなってしまいました。

ご賛同いただける方は、以下より”さんつなオリジナルグッズ購入”もしくは”寄付”でのご協力をお願いいたします!!

 

ーーーーーーーーーーーーーーー
★さんつなオンラインショップ
https://santsuna.stores.jp/

——————————

★寄付のお願い
https://bit.ly/3OZPmac
ーーーーーーーーーーーーーーー

 

体制の変更について

| 未分類 |

【体制の変更について】

 

さて、一般社団法人三陸ひとつなぎ自然学校は、令和4年1月17日開催の臨時総会において、法人としては解散することを決議しましたことはすでに周知の通りでございます。

【参考】法人の解散並びに任意団体移行について

 

法人解散に関連した清算業務に加えて、任意団体への業務移行を同時並行で行ってきましたが、2022年4月より体制についても変更が生じましたので報告いたします。

 

▶︎理事 柏﨑未来 → 退職
▶︎業務委託 岩城一哉 → 満了

 

理由としましては、岩城はここ数年は他団体様の業務がメインとなっており、ごく限られた業務のみの委託でありました。

埼玉から移り住んで早6年ほどとなりますが、釜石には欠かせない存在になったがんちゃんは、まだまだ釜石におりますので、見かけたらぜひお声がけください!

【参考】岩城(がんちゃん)より報告

柏﨑は本人から直接お伝えしている通り、結婚により市外へ転出されることに伴ってのこととなります。

ご承知の通り、2011年の東日本大震災発災当初から、当時はNPO法人ねおすのスタッフとして、2012年からは三陸ひとつなぎ自然学校を共同設立した理事として、共に活動を行ってきました。

この度、良き伴侶と巡り合って新天地へ赴くこととなる柏﨑を心から祝福していただきたいことをお願いしつつ、体制変更のご報告とさせていただきます。

 

 

なお、今後は伊藤の一人体制となったことにより、法人から任意団体「さんつな」として事業を継続していくこととなりますが、主に小学生を対象とした事業については“廃止”もしくは“当面の間縮小”してしまうことをお詫びいたします。

 

―――――――――――――――

【廃止】

・放課後子ども教室
+くりりんのもりの管理業務

・かまっこまつり

・あおぞらパーク

・橋野ボランティアセンター(旧橋野へき地保育所)の管理、運営業務

 

【任意団体へ移行して継続】

・さんつな×SoRa学習塾

・さんつなくらぶ(縮小)

・釜石高校SSHサポート講師(防災ゼミ、教育ゼミ)

・高校生の探求活動や地域活動の伴走サポート

・体験活動のインストラクター業務(SUP、シーカヤック 等)

・防災・伝承に関する事業(三鉄震災学習列車ガイド、サバイバル教育 等)

・各種コーディネート事業(スタディツアー、イベント 等)

 

※主な事業のみ抜粋

―――――――――――――――

 

関わる世代は限定的になってしまいますが、引き続き「体験格差の是正」をテーマに、地域で若者が育つ場づくりを実践してまいりますので、今後ともよろしくお願いいたします。

 

 

2022年5月1日

三陸ひとつなぎ自然学校(さんつな) 伊藤聡

 

———-
▶子どもたちのサードプレイス継続のためにご協力を!◀
★さんつなオンラインショップ
★ご寄付でのご協力
2022年5月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

最近のコメント