» 2015 » 10月のブログ記事

10/9〜11と短い期間ですが大阪遠征にいってきました!

目的は大きく2つで、大阪経済大学とあおぞら財団さんの二カ所でお話をさせてもらうこと。

どちらの参加者も熱心に聞き入ってくださって感謝感謝でした。

そして、いつもながら各地で会合を開いた際に、懐かしい顔に出会えるのが何よりも嬉しかったりします。

IMG_8245IMG_8247

10/9は大阪経済大学さんのオープンカレッジでお話をさせていただきました。

私が現地の様子や活動について1時間程お話しした後に、同大学の4年生で、ゼミ合宿の一環でツアーに参加してくれていた大谷内くんが東北で行っている活動についてお話を聞かせていただきました。

ゼミで釜石に来るより前に石巻でボランティア活動をしていた彼は、その後も東北へ通っていて、卒論の研究フィールドも石巻を選択しています。

IMG_8250

そんな彼の卒業後の進路は「大阪府警」

・・・この4文字を見たときに、東日本大震災の翌々日に見た光景が思いがけず浮かんできました!

あの頃は停電が続いていたこともあって、日が落ちたら寝て、日の出とともに活動を始める様な規則正しい生活を送っていました。

朝早くに避難場所を出発して向かったのは自分の住んでいた家。
まだ父と母の安否が分かっていなかったので、平田に向かうために釜石駅の線路を目指して歩いていました。
(※国道は津波の影響で通れないらしい・・・という情報を事前に得たので線路を歩いて通りました)

まだ朝靄の立ちこめる早朝でした。
駅へ向かって歩いていると、うっすらと同じ格好をした人たちが横一列に整列している光景が見えてきました。
更に近づいてはっきりと見えたのが、背中に背負った「大阪府警」の四文字。
その光景に涙が出るほど励まされたことを瞬間的に思い出しましたね。

物理的な活動だけではなくって、あのタイミングで駆けつけてくれたことが、自分のみならず多くの人たちの心の支えになったはずです。
たまたまの縁ですが、釜石で一緒に活動した学生がその道を選択してくれたことをとても嬉しく感じました!

●2日目

IMG_8266

翌10日はあおぞら財団さんでお話をさせてもらいましたが、これまた懐かしい面々に再開できました!
そして特に嬉しいことが二つあって、一つは来月の仙台駅発着のツアー参加者が来てくれていたこと。嫌でも現地で話しを聞くことになるのに、わざわざ来て頂き感謝です。またお会いできるのを楽しみにしています。

★ 《募集中》復興に向けて本気な人に出会う旅 被災地応援ツアー2015

二つ目は昨年のツアーに参加していた女性の方ですが、自分が伝えた言葉で抱えていたもやもやが解消されて、今も引き続きその職業を全うされていると知ったこと。
電話で悩み相談などを受けるお仕事をされている方ですが、東北の被災地からの相談も年々増えている様で「全く被災していない自分がこのまま相談を受けていていいものだろうか・・・」と悩みを抱えたまま釜石を訪れたそうです。地元で顔を見知った仲だったり、同じく被災した住民同士だと、逆に言い出せないことや相談をしづらい感覚があること。第三者だから出来る関わり方があること等を率直に聞けたことがとても良かったそうです。
釜石に足を運んだことが変化するきっかになったというのが何より嬉しいことでした。

他にも、西淀川のフィールドを事務局長の藤江さんが案内してくれましたが、最高の思い出は何よりタンデム自転車ですね!

良い年した男子が2人で乗っている姿はよっぽど珍しかった様で、行く先々で視線を独り占めしてましたし、車社会の釜石でもいろいろ活用できそうな予感がする出会いでした。

IMG_8258

 

 

 

 

 

 

最後にPRで締めるのもあれですが、今回の大阪遠征の2日目に講演をさせてもらった、あおぞら財団さんが企画するツアーは絶賛募集中ですので、興味のある方はぜひお申し込みください!

全力でアテンドさせていただきます!!

★ 《募集中》復興に向けて本気な人に出会う旅 被災地応援ツアー2015

 

(いとう)

 

2015年10月
« 9月   11月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

最近のコメント