» 未分類のブログ記事

「北海道胆振東部地震支援の募金活動」について

IMG_20181021_155006050_HDR IMG_20181021_101917627_HDR DSC_0224

日程:10月21日(日)
場所・時間:薬王堂鵜住居店(10:00~12:00)、大町広場(10:00~12:00、13:30~15:30)実施・協力者:幼児、小学生、高校生、大人 合計19名
集まったお金:168,067円

この活動は、さんつなが実施している放課後子ども教室やかまっこまつりに積極的に関わってくれている小学生の女の子の想いがきっかけで始まりました。その想いとは「私は東日本大震災の時からたくさんの北海道の方々にお世話になった。北海道の人たちに自分にできるなにか恩返しがしたい。」というものでした。

彼女との出会いは、私(柏﨑)が東日本大震災後に支援で入った地域の避難所でした。たくさんのつらい想いをしたのにも関わらず、自分より小さい妹(当時1歳)の面倒をよく見るしっかりもののお姉ちゃん(当時3歳)。川で遊んだり、お散歩したり、おしゃべりしたりとたくさんの思い出があります。小学生になってからは、さんつなの子ども教室やイベントにも来てくれるようになり、リーダーシップを発揮して頑張ってくれている頼りがいのある子です。そんな彼女の支援をしたいという想いに共感した姉妹や友達、高校生、大人が9月30日と10月14日にさんつなハウスに集まり、どういった募金活動をするかを話し合い、準備をし、募金活動に臨みました。

DSC_4858 DSC_4843

大きな声で「北海道の人たちのために募金活動をしています。ご協力おねがいします!」という子どもたち。募金活動をしていて感じたのは、たくさんの方々が募金をしてくれたこと。これは本当に想像以上でした。「あのとき、お世話になったからね~」、「私、北海道出身なの」、「必ず届けてね」「おつかれさまだね」など様々な想いと一緒に受け取りました。ただのお金ではなく、たくさんの想いが込められたお金であることを忘れずに、お渡ししようと彼女と話しました。

IMG_20181021_143723296 IMG_20181021_105422077

 

また、彼女は募金だけでなく、メッセージも届けたいという想いもありましたので、ご協力いただける方にはメッセージを書いていただき、またそのメッセージを持って写真も撮らせていただきました。どこにどのように渡すかはこれから話合って決めていく予定です。

DSC_0235
IMG_20181021_150529708募金活動については岩手日報、毎日新聞にも取り上げられました。記事のなかで「私はたくさんの人に出会える居場所があったから、笑顔になれた」という彼女に居場所の大切さを改めて感じました。

今回はいつもより早起きをして、釜石市鵜住居町根浜地区の漁師である前川さんのところに行き、漁師のリアルを見に行ってきました。魚が好きな子どもと大人が集まりました。
釜石は「魚のまち」とも言われていますが、なかなか海の現場で働いている漁師さんがどのように魚をとっているのかを知っている人、見たことがある人はあまりいません。またどんな魚がいるのかも知っている人はあまりいないのではないでしょうか。私(ジョイ)も伯父が漁師をしていましたが、見たこともありませんでした。魚のまちに生まれたのだから、身近にあるリアルを知り、体験することはとても大切なことだと思います。
ということで、まずは前川さん、佐藤さんが運転する船に乗り込み、小型定置網が張られている現場へ。みんなで協力して網を起こしました。「台風前の低気圧の影響で波も少しあって、昨日までの雨で網に泥が入り込み、あまり魚がいないかも」と心配なさっていた前川さん。それでも網を起こして魚がいたときの子どもたちの興奮度はとても高かったです!!とった魚を離さず、ずっと触ったりして見ていました。

IMG_5945 IMG_1316 IMG_1324 IMG_5956 IMG_1370 IMG_1372
陸に戻ってからは、お魚博士の「モッキー」こと茂木さんと一緒にお魚観察会。画用紙に魚の絵を描き、特徴を書き込みました。みんなそれぞれ特徴をつかんでいて上手でした\(◎o◎)/

IMG_1387 IMG_1418 IMG_1385
お昼ご飯は、前川さんの奥様である良子さんに今日とれた魚やイカを使った豪華な「魚づくしランチ」。おかわりする子もいるぐらい、みんなおいしそうに食べていました。「魚嫌いな子は今、多くなってきているけど、こういう調理方法をしたら、子どもだっておいしく食べられるんだよ」と良子さん。特にさっきまで観察していたヒラメがきれいにお刺身になり、それを食べた子どもも大人もそのおいしさに感動しました。


IMG_1437
IMG_1450 IMG_1444 IMG_1440
最後の感想発表では「来年は、前日から泊まってもっと早くに集合して、参加したい!」という子や「漁師になりたい!」という声。漁師さんのリアルを体全体で感じた子どもたちはもっともっと漁師のリアルを知りたくなったようです。来年もやりたい!!

IMG_5963 (1)


※「さんつなくらぶ」とは、釜石の人・自然・文化を活かした体験プログラムです。地元に愛着を持つ子ども(釜石のことが好きという子ども)を育てることを目的として行っています。

こんにちは!トムこと中臣です。
さんつなハウスを子どもたちにとって”であえる””くつろげる””たのしい””だいすきな”居場所にするために、子どもたちと一緒に作っていくイベントを行っています。
3月17日の土曜日は第2弾ということで、本棚と道具棚を作りました!
子どもたちが7人、ボランティアとして中学生が1人に、地域の方々が2人と前回よりも子どもたちが多く来てくれました!7516795616_IMG_0348

前回の写真立ては、1人1つずつ作れたので、想像力やオリジナリティが重要でしたが、今回はみんなで二つの棚を作ったため、板を支える子と板を切る子や、やすりを削る子など、作業分担をしながらみんなで協力して頑張っていました。
のこぎりは前回使っていたので、切る作業や板を抑えるなど、慣れた手つきで行っていましたが、トンカチは今回初めて使った子がいたので、打ち込みに時間がかかっていました。
ただ、段々と打ち込んでいくうちに、早く打てるようになっていたので、「次も打ちたい」などと、とても楽しそうでした。7516795616_IMG_0413

しかし、棚作りが思った以上に難しく、時間がかなりかかってしまい、予定通りに進みませんでした。そんなことから子どもたちが「休憩いらない」「短くていい」と提案してくれたので、DIYに対する意欲の高さを感じ、次回に向けての励みになっています。7516795616_IMG_0513

さて、次回のイベントですが、3月24日(土)~椅子作り&マップカーテンづくり~です!
3回目ということで、次回がDIYイベント3回シリーズの締めくくりです!
ボランティアとして子どもたちのサポートをしてくれる方々を募集しています!よろしくお願いします!7516795616_IMG_0390

こんにちは!インターン生のトムとジェリーです。
さんつなハウスを子どもたちにとって “であえる” “くつろげる” “たのしい” “だいすきな” 居場所にするために、こどもたちと一緒に作っていくイベントを行っています。
10日の土曜日は第一弾、写真立て&マップカーテンづくりを行いました!28515188_1260682574075489_8029533490672154831_o

写真立てづくりでは、のこぎりデビュー、インパクトデビューをした子がたくさんいました!私もさんつなハウスでインパクトデビューをしたひとりです:)

29186963_1269090543234692_1511587454627348480_n
はじめてながらも好奇心旺盛な子供たちは大人にサポートしてもらいながら楽しそうに作っていました!みんなのセンスの良さに脱帽です、、、
マップカーテンづくりでは、“10年後の釜石”をテーマに釜石のマップの下書きを作ってもらいました。いまの釜石にあるものと子供たちが私たち大学生ぐらいになったときの理想の釜石を書いてもらいました。子供たちの発想力は素晴らしいものでとても面白かったです!イマジネーションあふれるマップが完成しそうです:)

IMG_0093[740]
第1回目のイベントは5人の子供たちと4人の地域の方々が来てくれました!
そして、釜石の子供たちに会いにクラウドファンディングの制度をつかって釜石に来ていた北海道の北翔大学のみなさんもスタッフとしてお手伝いしてくれました。
たくさんの人とのつながりで子供たちとのイベントができて、とても嬉しいです!!子供たちからは、明日もやりたい!明日はやらないの?との声も、、、

次回のイベントは3月17日(土)~棚づくり&マップカーテンづくり~です!
私たちと一緒に子供たちのDIYをサポートしてくれるボランティアの方々を募集します!;)じぇりー

29216265_1269090289901384_4413039898336952320_n

【Meetup Kamaishi 2017-Autumn- ✨参加者通信✨】参加日:10月22日

 

~盛岡在住T,Kさんより~

『No.27 尾崎半島の森林再生・プレ植樹祭~山火事現場の復旧にみんなの力を!~』

 

 

▽▽▽

釜石強化月間、meetup! kamaishiの本当に最後、10月22日のプログラム、

「尾崎半島森林再生&プレ植樹祭」に参加させて頂きました。

釜石の尾崎半島は5月に大規模な森林火災があった所です。ニュースでながれてきた山火事の映像は本当にショックで。。。

 

なので、いつか山火事にあった現場を見て、そして少しでも役に立ててればと思っていたところ、今回願いを叶えることができました!

 

さて、当日はけっこうな雨降り。。。

釜石森林組合にて高橋参事のお話しをお聞きしましたが、私、森林組合ってどういう組織なのかすらわかっていませんでした。。。すみません。。。

印象的だったのは、火事の後、地域の方々が積極的に募金活動等の支援をしてくれたこと。この動きはこれまで山火事ではなかった動きだったそうで、やはり、津波の後、自然災害の被害はお互い助け合っていかなければという文化が根付いた結果なのだなと感じました。

 

尾崎半島のすぐ付け根にいつも行くのに、尾崎半島に行ったことがなく、林業の現場ももちろん、今回が初めてで、釜石なのに本当に新鮮な景色でした。

 

やはり、火事のあった現場は木々が黒焦げ。。。悲しい光景でした。

 

雨だったので、一人一本植えたら帰ろうと話があったのですが、皆さんせっかくなのだからと、二本、三本と植えていき、私も三本ほど植えさせて頂きました!

 

参加者の皆さんの、力になりたい!という気持ちが伝わりました。

 

大きくなって立派な木に育ちますように。

山火事が二度と起こりませんように。

と願いながら植樹しました。

 

今、林業にかなり興味津々です!

まずは、鉈と鋸を買いたい✨

 

これからも、植樹イベントあるようなので、ご興味のあるかたは、ぜひご参加下さい♪

 

植林現場到着!

雨のなか、焦げた木々が痛々しい。。。

表面は焦げて黒く。。。

立派な樹なので本当に悲しいです(。>д<)

切り出された木材。
使えるそうで、取引先もほぼ決まったようです。

唐松植える~!
今は杉だけでなく、広葉樹ふくめ色々な樹木植えるそうです。

植えた唐松に

記念のネームプレートつけさせてもらいました!

ここは既に、焼けた樹の伐採を終えて

植林できるまでにした一ヶ所目の場所とのです。
この時、大雨の避難エリアメールが何度も鳴り響き、少し怖かったです。

雨のなかでも、みなさん満足げ!
女性少なかったですが、

山好き女子なら植林作業に何の問題もないかと!

米の計量用に買いました♪良い香り!

△△△

 

T.Kさんミートアップの参加ありがとうございます!また次回もお待ちしています(^▽^)/

=======================

【Meetup Kamaishi 2017 -Autumn-】~釜石のお宝&鉄人発掘博覧会~

岩手県釜石市のおいしい・楽しい・わくわくを発見する特別な期間です!

市内各所でさまざまな観光体験プログラムやフォーラム、参加者大交流会を開催します。釜石のおいしいを楽しむ、歴史・文化を学ぶ、仕事をする、新しい挑戦を応援する…

プログラムを案内するのは、釜石の鉄人たち。

鉄人だけが知っている釜石の魅力をお伝えします。

前回までは、3月に3日間で実施をしていましたが、今回は、季節を変え、秋に約2週間で実施いたします!より多くの鉄人に出会えるチャンスです!

〈Meetup Kamaishi2017 -Autumn-〉Webサイト

http://opencitykamaishi.jp/category/interact/meetup-kamaishi-2017-autumn/

〈Meetup Kamaishi2017 -Autumn-〉Facebookイベントページ

https://www.facebook.com/events/639758042895023/?ti=icl

=======================

 

20160329122202

 

 

 

 

 

20160329122206

 

 

 

 

 

 

鉄人藤井さんのお手本を見ながら、ピザ生地を伸ばすことから始めます。

20160329122208

 

 

 

 

 

イカや牡蠣やワカメなど具材の種類がとにかく豊富!
参加者のみなさんは好きな具材を好きなだけのせて、豪華なピザを完成させていました。

20160329122204

 

 

 

 

 

本格的な石窯でピザを焼きます。

20160329122216

 

 

 

 

 

できたてのピザと一緒にサラダ、スープと甲子柿をいただきました。和やかな雰囲気でおしゃべりを楽しみながら、楽しいランチタイムとなりました。

20160329122210

 

 

 

 

 

私はピザが大好きなので、今回ピザ作り体験ができることをとても楽しみにしてきました。自分でピザを作ることはとても楽しく&おいしかったです。

特に釜石名物の甲子柿が使用されたトマトソースはほんのり甘く、もう一度食べたくなる味でした。

20160329122213

 

 

 

 

 

鉄人の藤井さんからは、レストランに隣接する「こすもす公園」を作ることになった経緯について、伺うことができました。

イベント当日も多くのご家族連れが公園を訪れており、地域の方の憩いの場となっているのだと感じました。

ピザ作り体験~石窯で焼く限定pizzaランチ~

鉄人

藤井サヱ子さん(創作農家レストランこすもす代表)

行程

3月20日(日)、21日(月) 11:00~13:00

11:00~ ピザ作り体験
12:00~ いただきます
13:00 解散

会場

創作農家こすもす

釜石のおいしい食材をトッピング。本格ピザ釜で焼いたピザは絶品です。

12903984_480697068789657_1270639263_o

さんつなインターン生

氏名 

山田 愛

ニックネーム

ざっぴー

さんつなに来た理由

被災地の現状、子どもの様子を知るため。将来養護教諭を目指しており、保健室からの防災について考えるため。

釜石で印象に残ったこと

ホタテがおいしかったこと!

20160329120035

 

 

 

 

 

 

20160329120029

 

 

 

 

 

鉄人一人ひとりのこだわりがつまった雑貨が、ところせましと並んでいます。

マルシェを訪れた方々は、商品を手に取り、“鉄人”とお話をしながら、雑貨を選んでいました。

20160329120033

 

 

 

 

 

私はお会計を担当しましたが、お客さんが選んだ雑貨を見ているうちに、私も欲しくなり、思わず買ってしまいました。

20160329120031

 

 

 

 

 

 

実際に雑貨を作った方からお話を聞き、買うことができる機会は、なかなかないと思います。

今回は2日間限定のマルシェでしたが、今後も雑貨を手に取り、お話しながら買い物できる場がつくれたらいいなと思いました。

日程

3月19日(土)13:00~17:00
3月20日(日)10:00~17:00

会場

シープラザ釜石2階「ラグビーカフェ釜石」

釜石の手しごと大集合!展示・販売会&手しごと体験

12903984_480697068789657_1270639263_o

 

さんつなインターン生

氏名

山田 愛

ニックネーム

ざっぴー

さんつなに来た理由

被災地の現状、子どもの様子を知るため。将来養護教諭を目指しており、保健室からの防災について考えるため。

釜石で印象に残ったこと

ホタテがおいしかったこと!

20160328165215

 

 

 

 

 

 

釜石大観音や根浜海岸など、観光地と呼ばれる場所に行き、ガイドを受けました。現在の姿からは想像できない被災時の状況を聞き、考えさせられました。

また、ガイドの方からは、小中学生が東日本大震災で避難した事例を通し、堤防などのハード面の津波対策だけではなく、ソフト面の防災の必要性も教えていただきました。

参加者のみなさんは、熱心に話を聞き、たくさんの質問も出ていました。

20160328165216

 

 

 

 

 

本やテレビで見るよりも、実際にその場に行きガイドの方から直接話を聞くことで、より多くのことを感じ取ることができたツアーでした。

行程

3月20日(日)、21日(月) 10:00~12:00

釜石駅~釜石大観音~浜町避難道~根浜海岸~釜石駅

12895354_815352745275490_1820723522_n

さんつなインターン生

氏名:狐鼻若菜

ニックネーム:はお

さんつなに来た理由

語り部をする上で、地元の釜石のことをもっと知りたかったから

釜石で印象に残ったこと

星がすごく綺麗だったこと

20160325095648

 

 

 

 

 

 

スタンプラリーに参加した3日間は、とにかく苦しい日々でした…

20160325095625

 

 

 

 

 

しかしその中で、釜石にいるたくさんの人からの応援や支援をいただき、頑張ることができました!
一緒にラーメンを食べに行ってくれる人や、おすすめをしてくれる人、カンパをしてくれる人もいました。

20160325095723

 

 

 

 

 

 

 

20160325095829

 

 

 

 

 

 

ラーメンを19杯食べるという企画の中でもたくさんのつながりを感じる3日間でした。

20160325095945

 

 

 

 

 

 

 

 

3日間で、私も含め、3名が完全制覇を達成しました!
5店舗まわって、釜石グッズを手にした方も数名いたとのことです。
制覇した3人はどこかで顔を合わせていることが分かり、とても親近感がわきました。

20160325100032

 

 

 

 

 

 

 

釜石ラーメンの中でも味の違いがあることがこの3日間ではっきりと分かり、達成者は釜石ラーメンを語れる存在になったのではないかといえます。

またラーメン巡りを通して、それぞれの店舗の店主さんとの交流も一つの楽しみでした。あるラーメン屋さんでは閉店していたにも関わらず、「スタンプの人だよね?食べていきな!」と入れ、地域の優しい心にも触れました。

20160325100019

 

 

 

 

 

 

20160325100042

 

 

 

 

 

 

20160325100034

 

 

 

 

 

 

20160325100117

 

 

 

 

 

 

概要

目指せ全店制覇!釜石ラーメンスタンプラリー

3月19日~21日の3日間、「釜石ラーメンののれん会」に加盟する店舗のうちイベント参加19店舗で食事を行うと、スタンプを1個ゲット。

5店舗まわると釜石グッズがもらえ、
19店舗制覇すると特製どんぶりが手に入ります。

11717146_871357492943057_1365457660_n1-300x225

 

氏名

岩城一哉

ニックネーム

がんちゃん※写真左 元学童保育指導員

・さんつなに来た理由

2015年3月まで学童保育で働いていました。東北の子どもたちや支援者の状況を聞いてばかりで自分自身で知ろうとしていなかったことに気づき、インターネットでさんつなの存在を知り、「勢い」で釜石にやってきました。

※2015年5月からインターン生としてさんつなに来ていましたが2016年4月からさんつなスタッフとして活動しています。引き続きどうぞよろしくお願いします。

20160328143436

 

 

 

 

 

 

かなりの急斜面を登りました!山登りは大変でしたが、ステキな景色を見ながら自然を感じることができました。

20160328143558

 

 

 

 

 

ここでしか食べられない食事、細断される前のめかぶ&生わかめを食べることができ、よかった!という声を、参加者の方からいただきました。

20160328143824

 

 

 

 

 

鉄人の河東先生から、終始笑顔で釜石の歴史を案内していただきました。参加者の方々は河東先生の笑顔に元気をもらっていたような気がしました。

20160328143833

 

 

 

 

 

昔の人は大変だと思いつつ、自然と参加者の皆さんと声を掛け合いながら楽しいお話をして交流を深めることができました。

唐丹の自然を楽しみながら、様々な方と交流できるこのツアーをこれからも開催してほしいなと思います。

鉄人

河東眞橙さん(唐丹の歴史を語る会)

行程

3月21日(月) 9:00~13:30

9:30~ トレッキング開始
12:00~ 地元のお母さんたちの手料理を味わう
13:30 解散

会場

平田~唐丹地域

12899398_607703819377395_1065176290_o

 

さんつなインターン生

氏名:赤羽巧也

ニックネーム:バックス

さんつなに来た理由 :かまとらという企画に興味を持ち、鉄人の方と交流してみたいと思ったから

印象に残っていること: 釜石の人はみんな優しいということ