» 2014 » 7月のブログ記事

今年度からさんつな版の森のようちえん「どんぐり うみねこ クラブ」が始まりました。
− 小学校に入る前の幼児たちやその親も一緒に自然の中で過ごす楽しさを知ってほしい。
− 「森」、「子育て」というキーワードで集まるお父さんお母さんのゆるやかなコミュニティをつくりたい。
という思いで始めました。
先日、6月29日(日)の第1回目は、根浜コミもり※1(宝来館周辺の森)にて、
ふらいパンダ(http://fly-panda.org/)という被災地支援団体の協力をいただき、
ぐりとぐらに出てくるような大きなカステラづくりをしました。
卵を割って、小麦粉混ぜて、良くかき混ぜて…
P1170595_s-thumb-500x333-1783
1時間程度の仕込みにも関わらず、子ども達は最後までやり通しました。
最後は巨大なフライパンに生地を流し込み、後は1時間半ぐらい炭火でじっくりと焼き上げていきます。
カステラができるまでは、周辺を自然散策。
今回は、あいにくの雨。
と思いきや、こういう機会でもないと雨の中で遊ぶこともないので、水たまりでジャバジャバと足をつっこんで、子ども達は大はしゃぎ。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
宝来館の裏の根浜コミもりの避難道を使って、高台に上がって、「ヤッホー」って大きな声を出したり、
砂浜に出て、波打ち際で行ったり来たりする波を何度も追いかけて、たまに波が膝下までかかって長靴に中までずぶ濡れになったり、
雨の中、上から下まで濡れるのも気にせず、遊びに夢中になる子ども達。
こちらが特別なプログラムを用意しなくても、ここには山も海もあって、自然と子ども達の心と体を解き放ってくれる。
そんな姿を見みながら、僕らも親たちもこの場に身をゆだね、心地良い時間が流れる。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

心が満たされ、お腹が減ったところで、みんなでお弁当。そしていよいよ巨大カステラの焼き上がり!

P1170601_s-thumb-500x333-1792

これも巨大なフライ返しで、カステラを切り分けて、みんなでいただき、お腹も心も大満足!
山と海の自然を味わい釜石らしい森のようちえんを終えることができました。
次回、第2回は8月31日(日)。ちょっと場所を移して、釜石市内の栗林地区にある森の冒険遊び場にて開催。ターザンブランコで遊んだり、ダッチオーブンでたき火料理したりしようかなぁ…と妄想を広げています。
心地よい時間を一緒に過ごしましょう。
※1「コミもり」とは、「森づくり」と「コミュニティ」を合せた造語。
森づくりを通して、人と人、人と地域の新たなつながりを生み出す場。
昨年から、根浜地区の宿・宝来館周辺の森を「根浜コミもり」として設定して、様々なプログラムを展開。
今年度は、森のようちえんや森と子ども達をつなぐ仕掛けとして、野外キッチンやツリーハウスのような遊び場づくりを進めていきます。
(キビーノこと黍原 豊)
2014年7月
« 4月   9月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

最近のコメント