~Meetup Kamaishi通信 vol.4~
インターン生の“でん”と“ぺけ”が釜石の「鉄人さん」を取材!
Meetup Kamaishiに向けて、私たち二人が「鉄人さん」の魅力を発信していきます。

————————————————-

『No.18 雪がなくても雪合戦!?誰でも気軽にニューススポーツ“室内雪合戦”入門編』

毎週水曜日、中妻体育館で活動している鉄人、釜石大槌雪合戦サークル「タイガーセブン」さんを紹介します。
今回は代表の佐久間定樹さんにインタビューしました。

—–

「タイガーセブン」さんは2016年に発足し、今では正規メンバーが約10人で、下は中学生から上は50代まで、幅広い年齢層で構成されているチームです。花巻や西和賀など、内陸の方からコーチをお呼びしながら、毎週練習に励んでいます。

今回のプログラムでは普段使っている固めのボールではなく、玉入れで使用するような柔らかいボールを使用しているため、初心者、女性、子どもでも楽しめるプログラムになっています。
—–
★いきなりですが、ここで佐久間さんへのQ&Aコーナー!
Q.釜石でスポーツ雪合戦を始めたきっかけを教えてください。
鉄人「雫石で働いていた時に、会社のレクではまったのがきっかけです。その後遠野で働いていたときに、大会で全国大会に出場しました。その時、地元釜石でやった方が多くの人がはまってくれるのではないか。面白いのではないかと思い、はじめました。」

Q.雪合戦の魅力ってどこですか?
鉄人「他のスポーツではありえない『親子で楽しめる』というところです。実際に女子中学生とお父さんが練習しにきて、一緒に楽しんだりもしています。思春期なのにお父さんとスポーツをするのはよくよく考えるとすごいですよね。そこが魅力だと思います。」
Q,プログラムを通してどのように感じてほしいですか?
鉄人「釜石の人のいいところはいろいろなことに熱くなってくれるところが魅力だと思うんですよね。なので今回のプログラムに参加して、人類最古のウィンタースポーツにはまっていただければ!そして大会に出てもらいたいですね!」

—–
先日インターン生のでんも体験してきました。投げるのは得意だと思っていましたが実際やってみると、相手の玉を避けながらなのでうまく投げれず、、、ただただ投げるのではなく上に高く、何個も投げるのがコツで、いろんな戦略もあるのだとか、、、単純に見えていたスポーツでしたが、思った以上に奥が深い!想像以上に夢中になるスポーツで、はまるはまる!
その日ジャージでいかなかった自分を憎むでんすけでした。
また、同じ体育館で子ども達が柔道の練習を行っていたのですが、練習終わりに走ってきて
「やるー!」と途中参加して、満足気ないい顔をして帰って行きました。
年齢関係なく誰でも気軽にできるスポーツであることをここでも実感することができたし、
実際に体験しても思いました。

—–
“雪がなくても雪合戦!?”親子で楽しめること間違いなし!
みなさんも一緒にいい汗かいてストレス発散しませんか?(*^-^*)
(興味を持った方は毎週水曜日に中妻体育館へGO!ですよ!)

ーーーーーーーーーーーーーーー

▽イベントページはこちら▽
『No.17 ~親子で体験企画~スポーツ室内雪合戦』
https://www.facebook.com/events/664391350417131/

『No.18 雪がなくても雪合戦!?誰でも気軽にニューススポーツ“室内雪合戦”入門編』
https://www.facebook.com/events/511378799205286/

 

IMG_5862