miura1

3月21日に橋野町の和山高原を会場にして、
【かまとら】三浦勉さんと行く橋野雪渡りミステリー&マニアックツアーを開催しました。

今回の鉄人は、橋野の自然と歴史の案内人三浦勉さんと雪山の鉄人小林峻さん
お二人と一緒にスノーシューをはいて、雪の上をギュッギュッと一歩ずつ上がっていきました。
三浦さんによって橋野の魅力が、峻さんによって雪山の楽しみ方が、参加者の皆さんに伝わったと思います。
雪山を楽しんだ後は、三浦さん宅で地元お母さん特製のお昼ご飯を食べ、三浦さん宅にある民具資料館の案内が行われました。

今回の企画に参加した感想をボランティアのめんまに聞いてみました!

 

スノーシューって・・・?

miura2―今回の企画で1番印象に残ったことを教えてください。

今回、マニアックツアーに参加して印象強かったのはスノーシューを履いて雪山を登ったことです。 スノーシューを履かないで歩くと足が雪にはまってしまい普通に歩くことは難しかったです。
しかしスノーシューを履くことで雪にかかる力は分散されて雪にはまることなく歩くことが出来ます。
スノーシューのありがたさを身を持って感じることが出来ました。

後世に伝えていくこと

miura3―今回の企画でどのような新しい発見がありましたか?

みんなで山に登り、美しい景色を共有することで、さらに強く記憶に残るものになりました。共有することによって感じ方も変わるな。と気がつきました!

また地元の人である三浦さんと登ることで、その土地に関するお話を聞くことが出来ました。地元の人が知っていることを後世に伝えていくことも大切であると思いました。

~今回の参加者プロフィール~

miura4めんま

玉川大学、国際経営学科1年。
今回、さんつなに来るのは3回目。
特技は、ヒッチハイク。

(さんつなインターンかじわら)

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

最近のコメント