» 2016 » 8月 » 24のブログ記事

8月22日〜8月27日の期間、さんつなのインターンとして岩手県立大学の小棚木彩香さんが釜石に来てくれました。

ニックネームは”なぎ”

秋田県横手市の出身です。

自然と地域づくりに興味があるということで、さんつなをインターン先として選んでくれたそうです。

6日間の活動の様子をまとめましたので、ぜひご覧ください。

===========================

8月24日 インターン3日目《ボランティアハウス暮らし》

===========================

IMG_0404

 

 

 

 

 

 

今回の企画で1番印象に残ったことを教えてください。”

ボランティアハウスでの共同生活では、一緒にご飯を作ったり、テレビをみてわいわいしたり、花火を一緒にしたりと毎日が楽しく、良い思い出になりました。違う地域から来た同年代の人がたくさん集まっているため、全員が個性的でいつも寝るまで笑いが絶えません。さんつなで活動を共にする仲間同士で将来の話をしたり、お互いに「明日も頑張ろうね」と励ましあったりと、一緒に生活をするからこそ生まれる絆があり、心が温かくなる場面に何度も遭遇したことが印象的です。

IMG_0402

 

 

 

 

 

今回の企画でどのような発見がありましたか?”

ここには、様々な経歴を持つ人たちが集まっています。ボランティアやインターン同士が毎日寝食を共にし、すぐに打ち解けることが出来ます。毎日その日の活動で感じたことをボランティア・インターン同士で共有し合い、同じ企画でもそれぞれ感じることや見る角度が全く違うため、他の人の意見はこうなのだなと自分の意見との差を確認したり、自分が全く思いつかなかった観点からの意見があったりと、毎日新しい発見があります。インターンやボランティアに参加した理由が人それぞれなので、みんなとの交流を通して勉強になることがたくさんあるということを感じました。

IMG_0522

 

《プロフィール》

氏名

小棚木彩香(なぎ)

さんつなに来た理由

地域興しや地域づくりに興味があり、自分の地元を活性化させたいという思いがあります。そのため、釜石で地域を活性化させようと取り組んでいる三陸ひとつなぎ自然学校でのインターンを通して、地域活性化の考え方や手法を学ぶことができればよいと思います。また、自然が好きなため、釜石の自然の中で活動したいという思いがあり参加しました。

活動への意気込み

海と山がある自然豊かな釜石で、釜石の魅力をたくさん発見したいです。短い間ですが、釜石の良さをたくさん吸収して持って帰れるよう精一杯頑張ります。

8/22〜8/26の期間、さんつなのインターンとして盛岡大学の小原立さんが釜石に来てくれました。

ニックネームは”たっつん”

たっつんのおじいちゃん、おばあちゃんが釜石ということで釜石にはたびたび訪れていたそうです!

5日間の活動をまとめましたので、ぜひご覧ください。

=====================

8月24日 インターン3日目《くりりん整備》

=====================

IMG_9838

今回の企画で1番印象に残ったことを教えてください。”

実際にくりりんの森を清掃してみて、思ったよりも草が生い茂っていて抜くのに一苦労しました。短い間でしたが、子どもたちが快適に気持ちよく遊べるように一生懸命清掃をがんばりました。

 

今回の企画でどのような発見がありましたか?”

実際訪れてみて、木のブランコやロープ登り等、子どもたちが楽しめるよう工夫を凝らしたものが多いなと感じました。くりりんは、子どもたちのために地域の人やボランティアの方々が協力してつくった遊び場だということ知りました。地域の人と子どもたちとのつながりが感じられる遊び場でした。

IMG_0423

《プロフィール》

氏名

小原 立(たっつん)

さんつなに来た理由

私の祖父母が釜石に住んでいて、長期休暇の時等よく釜石に訪れており、自然や食、人の良さ等釜石には様々な魅力を感じています。さんつなさんは釜石の良さを発信し、また釜石好きの方々が集結していることから、自分も携わっていきたいと考え、さんつなさんに来ました。

活動への意気込み

短期ではありますが、自分から率先して行動し頑張っていきたいです。また、ほかのインターン生と共に、楽しく仲良く精一杯活動していきたいと思います。